YONEX

yonex

世界初のカーボンスノーボードとして誕生して20年。
その進化はこれからもスノーボードの未来を切り拓いていく。

「世界初。全身カーボン。」のキャッチコピーを掲げ、YONEXがスノーボード業界へ参入したのが1995年。
現在でもウッドコアが主流のスノーボードにおいて、20年前に突如姿を現したオールカーボンボードの存在は世界的なトピックスとなった。
バドミントン、テニス、ゴルフといったスポーツ製品で培ってきた独自のカーボン技術は当時から高い次元にあったが、反発とねじれ、耐久性と操作性を求められるスノーボードをどこまで軽量化できるか、という一見矛盾とも取れるテーマは壮大で、新しい観点からの開発が必須となった。そうした状況下でプロダクトチームと工場の技術者、契約ライダーたちは一丸となって開発へ取り組み続けてきた。
結果、アラミドハニカムコアの採用やカーボンチューブの開発、ナノ技術の応用など、様々な新技術を産み出すことに成功。カーボン技術の進化と共に歩んできたYONEXの革新的なスノーボードは、世界中のどのブランドも真似のできないオリジナルであり、今や世界を舞台にするトップアスリートの足下を強固に支えている。
これまでの20年、そしてこれからの未来も、変わることの無いモノ作りスピリットで、YONEXは進化を続けていきます。

HP http://www.yonex.co.jp/snowboards/

スポンサー